【奈良鹿の魅力】俺の鹿フォルダが火を吹くぜ】~前編~

兄妹のオススメ
スポンサーリンク

奈良公園に行きたい!

急にどうした

コロナ自粛とか色々で奈良公園に最近いけてない

行って何するんや

鹿といちゃいちゃする

ふむ、悪くないな

奈良の鹿の魅力TOP3

「人の波のど真ん中でリビングのように寛いでいる」

人のいる大通りでもこうである

人慣れしてる鹿最高

奈良公園は最寄り駅の奈良駅からは人の波になんとなく乗っていけば着く程度の道です
鹿は駅から割とすぐに適当にいるので確認することが出来ます(超自由な鹿)

奈良公園の大仏様前は人通りが多いと同時に鹿も多いです(鹿せんべい目当て)
メイン通りなので休日は日本人外人と中々の人の多さの時もありますが

普通にその人ごみの中で道のど真ん中で「我こそは鹿なり」と言わんばかりの風貌で突っ立ってる鹿もいたり、平気で未知のど真ん中でトイレもする

晴れの日に道に水たまりみたいなのがあったらそれは鹿の尿


ぶっちゃけこんなにリラックスしている野生(?)の鹿が人間と自由に暮らしているのは世界的にもめずらしいので、おっきな魅力ポイントです。

「小鹿(バンビ)がまじでかわいい」

出産ラッシュは大体5,6月~

多分写真の様に人のいる所へ出てくるのは7,8月くらいから

毎年奈良公園では小鹿公開というイベントがあります
こちらのHPで詳しく記述があります

兄妹はこの小鹿公開には参加したことはありませんがだいたいこの時期には奈良公園に行くので割と小鹿と出会えます

この小鹿何がかわいいかって見た目はもちろん可愛すぎるのですが
お母さんにべったりでちょっと離れただけでも鳴いて探す姿がかわいい

非常に愛くるしいのでちょっかいをかけたくなるのは分かりますが
皆さん小鹿は人間からは接触はせず、やさしく見守ってあげましょう

人間の匂いが付いたりすると自分の子供と認識せず、子育てをしなくなる可能性があるそうです

個人的に見てる限りだと小鹿は結構人間からは距離をとったり逃げたりするので追っかけまわすような行為をしない限りは大丈夫かなと思います

お母さんどこ~ってイーイー鳴く姿、たまらなく可愛いですよ

小鹿って結構親にべったりだよな

「普通に触れる」

野生の鹿を普通に触れるのってすごいよね

人間の匂いがついてもどうってことないんだろうな

強い

懐いているわけではないが人に慣れている程度の触れ合いが可能です
道のど真ん中の「我こそは鹿なり」顔の鹿は通りすがりにスリィッと撫でてすれ違いましょう

こんな感じです(嘘です


鹿せんべいをぱくっとした瞬間によしよし、程度も撫でる事もあります
まぁ割と「調子に乗るな小僧」と言わんばかりに避けられますけど

そんな所が好き、、

俺頭で手をどけよってされた事あるわ、、

ちなみに鹿と一緒に日向ぼっこしたりなでなでして鹿とイチャイチャしてる奈良公園のプロを見たことがあります
めちゃめちゃ羨ましいので私も鹿から安全と思われるように鹿と交流を深めていきたい所存であります

鹿と触れ合う時の注意ポイント

てへぺろ

奈良公園の鹿は図太い

人間に対して嫌な時はちゃんと攻撃をします

鹿せんべいを持っているときの鹿の狂暴さよ、、、

鹿せんべいのあげ方は次回に説明しよう!

奈良公園の鹿は人間に慣れていて平和そうにみえますが

「噛む」

「たたく」

「頭突き」

「角で攻撃」

やります (妹は頭突きと踏まれているのを経験済み)

踏む、、、、、?

鹿同士の喧嘩に巻き込まれちゃった★

頭突きとかは鹿せんべいをじらしたりするとします、まじでします
あとオス鹿は角があるので注意が必要です

奈良公園の鹿は野生なので攻撃された時は自己責任です
あと攻撃されたら何が原因があるはずなので鹿との触れ合い方を見直すことをオススメします

鹿と触れ合う時の注意ポイント~オス鹿と秋と角~

立派な角

皆さん奈良公園で角のある鹿を見たときに不自然に短い角の鹿を見たりしませんか?

角が生える鹿はオスです
奈良公園では伝統行事で角切りという催しもあり

人と鹿を傷つけないためオスの角を切ってメンテナンスをしています

また9月~の秋のシーズンに入ると発情期シーズンに入るのでオスの鹿が非常に気性が荒くなります

秋に奈良公園を行くときは角のある鹿に注意しましょう

メス鹿ばっかりいる所に一匹オス鹿がいたらそれはそのオスのハーレムかもしれん

テリトリーだわそれ


ふぅ、、ワイの鹿フォルダが火を吹いたぜ

俺にもたまに鹿のお尻送りつけてくるよなお前

お兄ちゃんもいい鹿の写真あるんじゃろ?

お前ほどじゃねえ

さて今回はいったんこれにて!

次回は鹿せんべいのあげ方と
奈良県民としての鹿へのお願いだ!!

鹿せんべいをあげて鹿に囲まれた人も多いはず

では次回をおたのしみに~

鹿のお尻を追いかけまわす妹

コメント

タイトルとURLをコピーしました