兄妹×VR×ロボットゲーム~ANUBIS ZONE OF THE ENDERS~

ベクターキャノンモードへ移行(ガシャン、ガコン)

エネルギーライン全段直結(ピ、ピ、ピ)

ランディングギア、アイゼン、ロック(ガコン、ガコン)

チャンバー内、正常加圧中(ピ、ピ、ウィーン)

ライフリング回転開始(ピピピピ・・)

撃てます

うおおおおおおおおおおおお!!!

発射ああああああああああああ!!

ハァ、ハァ・・・

すいません、ディンゴ・・・じゃなかった兄です

いきなり訳わかんなくてすんません!

これはANUBIS ZONE OF THE ENDERS(以下「アヌビス」)というゲームに出てくる「ベクターキャノン」という必殺技の発射時のセリフなんです。

最近、妹夫婦がアヌビスを購入しハマっているようなので、懐かしくて動画を見直しました。

ということで今回は、そんなアヌビスを思い出とともに紹介します。

「ロボットを操作するアクションゲームが好き」

「とにかく技がカッコイイ、爽快感のある面白いゲームがやりたい」

今回の思い出のゲームはそんな方におススメです。

・とにかくカッコイイ!これ以上の言葉はいらない!

全てがスタイリッシュでクール!

言葉はいらないカッコよさ!

エクセレントでエレガントなアクションが満載!!

言葉はいらないとか言いながら訳の分からない言葉を並べたくっています・・・

でも、ホントにカッコイイですよ!このゲーム!

アヌビスは、「メタルギアソリッド」や「デス・ストランディング」で有名な小島監督が作ったロボットアクションゲームです。

とにかく簡単に気持ちのいいアクションが楽しめる作品で、2003年にPS2で発売された後、PS3・PS4でもリメイクされていて、今でも根強い人気があります。

特に冒頭で挙げた必殺技「ベクターキヤノン」は有名で、セリフと共に発射準備が進んでいく様子がめちゃめちゃいい!

何がいいのかは説明できません!

とにかくいいんだ!!

ボタンを押してから発射まで20秒はかかるw

振り切ってカッコよさを追求してるのが素晴らしい!

旦那もそれ使えるようになってからそればっかり使ってて草

あと、多数の敵を一気に倒せる技「マルチロックホーミングレーザー」も気持ちいい!

何十体もの敵をロックして一気に蹴散らす爽快感は、このゲームが一番ですね!

・VRで夢のコックピットへ

おおお!

VRでコックピットに入れる!すげー!

俺がガンダムだ!!

(あぁ、、上がってるなぁお兄ちゃん、、きもい、、きもいなぁ、、フフ)

このゲーム、PS4版ではなんとVRに対応しました!

なんと機体のコックピットに乗り込んだ視点でゲームを遊べるんです。

「ロボットのコックピットに乗って自由に動く」というのは人類誰しもが夢にみたことでしょう。

それっぽいゲームは他にもありますが、アヌビスは元々出来がいいロボットゲームにVRが加わったので、ホント理想的な形で夢が現実となりました。

いや~これはやばい

技術の進歩に乾杯!

最近めっきり話題にならなくなったVRゲームですが、没入感がめちゃめちゃ凄いです。

敵が目の前に出てときは思わず体を引いて目を背けてしまいます。

いやホント。

体験した人しかわからないと思うので、VRゲームはもっともっと流行ってほしいですね。

くっそ、VRやってみたいわ~

・はいだらー!

はいだら~!!

はいだら~!!おら~!

って聞いたことがありますか?

アヌビスのヒロインがゲーム中に突然「はいだら~!」って叫ぶシーンがあります。

ゲームのOPでも意味ありげに叫んでいたり、CMでも使われたので結構有名になったセリフです。

が、特に意味はないそうです(笑)

でも何となく頭に残ってますし、叫びたくなるセリフです。

こういう叫びたくなるセリフがあるゲームって好きなんですよね。

妹と二人で叫びながらゲームをやるとめちゃめちゃ盛り上がります。

ユニコーーーーン!!とか(笑)  ※アニメ「ガンダムユニコーン」で主人公が叫ぶ


アヌビスを遊ぶ時だけは少年の熱い心になって遊ぼう!

ロボットのカッコよさに酔いしれろ!

お兄ちゃんはいっつも少年だけどな!

アヌビスは今でも時代が追い付いてないレベルでカッコイイぜ

兄
  • 妹に巻き込まれ兄妹ブログを始める。奈良県民。
    ゲーム、ゲーム音楽が趣味。
    ゲーム実況者の「幕末志士」がめちゃめちゃ好き。
    学生時代は典型的な理系人間だった。
    仕事、ブログ、ゲームに追われ目の下のクマが拡大中。